シュリー翼の「アルテミス」像

  • URLをコピーしました!
※当サイトのリンクには広告が含まれています。
※画像の左下にある「引用元」のリンクをクリックしていただくと元のファイルをご覧になることができます。

誰も見ていない時、実は歩いていたりするんじゃないかと思えてくる古代の彫像。シュリー翼348展示室の「狩りの女神」像を掲載。

『ヴェルサイユのディアナ』 125年-150年頃 ルーヴル美術館蔵
『ヴェルサイユのディアナ』 125年-150年頃 ルーヴル美術館蔵
目次

シュリー翼348展示室『ヴェルサイユのディアナ』他

※貸し出し中、修復中などで展示されていない場合もあります。美術館のサイトをご確認ください。

『ヴェルサイユのディアナ』 125年-150年頃 ルーヴル美術館蔵
『ヴェルサイユのディアナ』 125年-150年頃 ルーヴル美術館蔵

引用元:『ヴェルサイユのディアナ』 Flickr images reviewed by FlickreviewR 2 TimeTravelRome CC-BY-2.0

348展示室の旧ボルケーゼ・コレクション

『ヴェルサイユのディアナ』 帝政ローマ時代

シュリー翼348展示室Diane de Versailles, (Ma 589)

『ヴェルサイユのアルテミス』 帝政ローマ時代
『ヴェルサイユのディアナ』 帝政ローマ時代(125年-150年頃?)

引用元:『ヴェルサイユのディアナ』 Shonagon

書籍によっては『ヴェルサイユのアルテミス』になっているかもしれません。

ギリシャ神話のアルテミスと同一視される、ローマ神話の女神ディアナ。

教皇パウルス4世が1556年にフランス王アンリ2世に贈った像です。

アンリ2世の愛人はディアーヌ・ド・ポワチエという女性で、その名前「Diane」にかけていたと思われます。

フォンテーヌブロー城に飾られていた女神像は、ルーヴル宮殿へ移設されました。

その後太陽王ルイ14世がヴェルサイユ宮殿の鏡の間に設置したことから、「ヴェルサイユのディアナ」と呼ばれます。

シュリー翼603展示室でブロンズ製の『ヴェルサイユのディアナ』が見られます。

『狩りのディアナ』 青銅製 17世紀
『狩りのディアナ』 青銅製 17世紀

引用元:『狩りのディアナ』 Nathanael Burton Flickr images reviewed by FlickreviewR CC-BY-SA-2.0

シュリー翼603展示室Statuette : Diane chasseresse, (OA 5084)

廃墟や古代の遺跡の絵で有名な画家、ユベール・ロベール( Hubert Robert, 1733 ‐ 1808)による作品でも、『ヴェルサイユのディアナ』像を見ることができます。

La Salle des Saisons au Louvre, en 1802-1803 1802年ー1803年 ユベール・ロベール ルーヴル美術館蔵
La Salle des Saisons au Louvre, en 1802-1803 1802年ー1803年 ユベール・ロベール ルーヴル美術館蔵

引用元:La Salle des Saisons au Louvre, en 1802-1803 Tangopaso

シュリー翼930展示室La Salle des Saisons au Louvre, en 1802-1803

1802年ー1803年頃のルーヴル美術館内( The Salle des Saisons( = Room of the Seasons ))の様子です。

ヴィジェ=ルブランが描いたロベールの肖像画はこちらをご覧ください。

エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン『自画像』(1786年)他

『アルテミス像』 帝政ローマ時代

シュリー翼348展示室statue, (Ma 559.1)

『アルテミス像』 帝政ローマ時代(100年-200年頃)
『アルテミス像』 帝政ローマ時代(100年-200年頃)

引用元:『アルテミス像』 Jastrow (2007)

ルーヴル美術館の解説欄に「ファルネーゼ・コレクション」と記載されています。

また、この画像ファイルの解説欄には以下のようにありました。

English: Artemis of the Rospigliosi type. Marble, Roman copy of the 1st–2nd centuries CE after a Hellenistic original, maybe the bronze group mentioned by Pausanias (I, 25, 2), which represented a gigantomachia.

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Artemis_Rospigliosi_Louvre_Ma559_n2.jpg?uselang=ja

(Google翻訳:ロスピリオージ型のアルテミス。大理石、ヘレニズム時代のオリジナルの後の西暦 1 ~ 2 世紀のローマ時代のコピー。おそらくパウサニアス (I, 25, 2) が言及した、ギガントマキアを表す青銅のグループ。)

どこかでこの像は「ボルケーゼ・コレクション」と聞いたことがあり、「あれ、思い違い?」と少し調べてみました。

イタリアに、パラッツオ・パラヴィチーニ・ロスピリオージ( Palazzo Pallavicini Rospigliosi )という宮殿があります。

1605年、美術収集家で教皇の甥、シピオーネ・ボルケーゼ枢機卿の命令で宮殿の建設が始まりました。

1612年(1613年?)、枢機卿は画家グイド・レーニにフレスコ画の作品を注文。これがグイド・レーニの傑作『オーロラ』です。

Offizielle Seite des Casino Aurora サイト内の the Collection the Statues に、

コレクションの彫像「 Artemis the Huntress 」(狩りのディアナ)、「 The “Rospigliosi Athena” 」(ロスピリオージのアテナ)の紹介があります。

「ロスピリオージのアルテミス」との言葉は探せませんでしたが、これが「ロスピリオージのアルテミス」なのかな??

その後間もなく宮殿は売却され、1641年にマザラン枢機卿が購入しています。

フランス大使館としても使われたこともあり、1704年パラヴィチーニ・ロスピリオージ家の所有となりました。(参考:Palazzo Pallavicini Rospigliosi(Wikipedia(独)

Wikipedia(英) に「ファルネーゼ」の名前も見えますが、このアルテミス像がいつから誰の所有か、などが今ひとつわかりませんでした。資料等見つかったらこちらに追記します。

『アルテミス像』 帝政ローマ時代

シュリー翼348展示室statue, (Ma 3435)

『アルテミス像』 帝政ローマ時代(100年-200年頃)
『アルテミス像』 帝政ローマ時代(100年-200年頃)

引用元:『アルテミス像』 Flickr images reviewed by File Upload Bot (Magnus Manske) Carole Raddato CC-BY-SA-2.0

こちらも狩猟の女神アルテミス像。

キトンをたくし上げ、走り易いようにしています。

キトンの上のヒマティオン(上着、マント)は、左肩は厚い折り目になって腰に巻き付けられています。

 「 The lowered left hand may have held a bow; the right arm was raised. 」(参考:File:Artemis the huntress (Diana) of the “Seville-Palatine” type Roman, Imperial (1st–2nd century AD), discovered in Greece, Louvre Museum (7462710134).jpg) 「下げた左手は弓を持っていたかもしれない。右腕が上がった。」(Google翻訳)とありますが、下がっている右手で矢を持ち(つがえ)、上がり気味の左手で弓を持っていたのかな? と勝手に想像。

この像はアテネ?で発見され、オリジナルは紀元前200年頃のもの?とのこと。

Théophile Homolle 氏(1845 – 1925)のコレクションで、ルーヴル美術館入りは1929年。

『三美神』レリーフ 帝政ローマ時代

シュリー翼348展示室relief, (Ma 9)

『三美神』レリーフ 帝政ローマ時代(100-200年頃)
『三美神』レリーフ 帝政ローマ時代(100年-200年頃)

引用元:『三美神』レリーフ Tangopaso

1878年の寄贈で、元は Aimé Charles His de la Salle 氏(1795 – 1878)のコレクション。

同じ348展示室には、ボルケーゼ侯爵のコレクションの『三美神』像( Les trois Grâces , (Ma 287) もあります。

『三美神』 ローマ帝国時代(100年-200年頃?)
『三美神』 ローマ帝国時代(100年-200年頃?)

引用元:『三美神』 Sailko CC-BY-SA-3.0

ボルケーゼ・コレクションの有名古代彫像(ルーヴル美術館シュリー翼)

『ガチョウと遊ぶ子供』 帝政ローマ時代

シュリー翼348展示室Enfant à l’oie, (Ma 40)

『ガチョウと遊ぶ子供』 帝政ローマ時代(100年-200年頃)

引用元:『ガチョウと遊ぶ子供』 Jastrow (2006)

1792年にアッピアのクィンテリ邸で発見。教皇ピウス6世のコレクションでした。

紀元前2世紀頃のギリシャの彫刻家、Boethos of Chalcedon の作品で、出生地 Chalcedon (カルケドン)はアナトリア半島北西部に位置した古代都市。

同じ構図の彫刻がバチカン美術館などに展示されています。

『休息するサテュロス』 帝政ローマ時代

シュリー翼348展示室Satyre au repos, (Ma 664)

『休息するサテュロス』( statue ; Satyre au repos ) 身長107cm 幅64cm 奥行き32cm ローマ帝国時代(プラクシテレスのオリジナルは紀元前330年頃) ルーヴル美術館蔵
『休息するサテュロス』 帝政ローマ時代(80年頃)

引用元:『休息するサテュロス』 Baldiri

1864年にローマのパラティーノの丘、皇帝の宮殿から出土。元の所有者はナポレオン3世でした。

傍らの木に体をもたせかけて片足で立つ、プラクシテレス原作の若きサテュロスです。

サン・バルテルミの虐殺事件の舞台

1572年、カトリック教徒によって多くのユグノー(プロテスタント)が虐殺されるという事件が起きました。

当時、ルーヴルは美術館ではなく「ルーヴル宮殿」でした。

この348展示室は、サン・バルテルミの虐殺事件の舞台になった場所とのこと。

『マンガでわかる ルーヴル美術館の見かた』(誠文堂新光社)の「Column 6」、『眠れるヘルマフロディトゥス』像の紹介と一緒に書かれています。

血生臭い歴史ではありますが、予め知ってから訪れると、その場に漂う空気まで違うように感じられますよね。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次