シュリー翼で楽しむフランソワ・ブーシェの世界

  • URLをコピーしました!
※当サイトのリンクには広告が含まれています。
※画像の左下にある「引用元」のリンクから元のファイルをご覧になることができます。

ロココ絵画を代表する画家ブーシェの作品を観るならシュリー翼。『ポンパドゥール夫人の肖像』『オダリスク』『ディアナの水浴』『エウロペの誘拐』など甘美な絵画を楽しみましょう。

『ウルカヌスの鍛冶場』( Les Forges de Vulcain ) 高さ0.945 m 幅 1.27 m 1747年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『ウルカヌスの鍛冶場』 1747年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
目次

シュリー翼611展示室

『ポンパドゥール侯爵夫人』( La Marquise de Pompadour (1721-1764). ) 1750年代前半

シュリー翼611展示室La Marquise de Pompadour (1721-1764). , RF 2142

『ポンパドゥール侯爵夫人』 60 cm×45.5 cm 1750年代前半 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『ポンパドゥール侯爵夫人』 1750年代前半 フランソワ・ブーシェ

引用元:『ポンパドゥール侯爵夫人』

フランス国王ルイ15世の愛妾、ポンパドゥール侯爵夫人の肖像です。

ポンパドゥール夫人は画家ブーシェや彫刻家ファルコネらを庇護。セーヴル磁器製作にも尽力します。

関連記事ルーヴル美術館にある『ポンパドゥール侯爵夫人』の肖像(ブーシェ作)

シュリー翼612展示室

『ヴィーナスの化粧』( La Toilette de Vénus )  1749年

シュリー翼612展示室La Toilette de Vénus. , RF 288

『ヴィーナスの化粧』 1749年 フランソワ・ブーシェ
『ヴィーナスの化粧』 1749年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『ヴィーナスの化粧』 Tangopaso

メトロポリタン美術館の『ヴィーナスの化粧』

『アムールの武装を解除するヴィーナス』( Vénus désarme l’Amour ) 1749年

シュリー翼612展示室Vénus désarme l’Amour. , RF 289

『アムールの武装を解除するヴィーナス』 1749年 フランソワ・ブーシェ
『アムールの武装を解除するヴィーナス』 1749年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『アムールの武装を解除するヴィーナス』 Tangopaso

シュリー翼918展示室

『アトリエの画家』( Le Peintre dans son atelier ) 1725年 – 1730年頃

シュリー翼918展示室Le Peintre dans son atelier , MI 1024

『アトリエの画家』( Le Peintre dans son atelier ) 1725年-1730年頃 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『アトリエの画家』 1725年 – 1730年頃 フランソワ・ブーシェ

引用元:『アトリエの画家』

シュリー翼919展示室

『ギデオンの犠牲』( Le Sacrifice de Gédéon ) 1725年 – 1730年

シュリー翼919展示室Le Sacrifice de Gédéon. , RF 1983 72

『ギデオンの犠牲』( Le Sacrifice de Gédéon ) 1725年-1730年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『ギデオンの犠牲』 1725年 – 1730年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『ギデオンの犠牲』 Sailko CC-BY-3.0

『ウルカヌスにアイネイアスの武器を求めるヴィーナス』( Vénus demandant à Vulcain des armes pour Énée ) 1732年

シュリー翼919展示室Vénus demandant à Vulcain des armes pour Énée. , INV 2709 ; MR 1221

『ウルカヌスにアイネイアスの武器を求めるヴィーナス』( Vénus demandant à Vulcain des armes pour Énée. ) 1732年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『ウルカヌスにアイネイアスの武器を求めるヴィーナス』 1732年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『ウルカヌスにアイネイアスの武器を求めるヴィーナス』

『リナルドとアルミーダ』( Renaud et Armide ) 1734年

シュリー翼919展示室Renaud et Armide. , INV 2720 ; MR 1213

『リナルドとアルミーダ』( Renaud et Armide ) 高さ 1.355 m 幅 1.705 m 1734年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『リナルドとアルミーダ』 1734年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『リナルドとアルミーダ』

1734年、この作品でブーシェは王立絵画彫刻アカデミー会員に。

モデルのアルミーダは、後のブーシェ夫人マリー=ジャンヌ・ビュゾーです。可愛いですね。

マリー=ジャンヌの姿は他の作品でも見ることができます。

フランソワ・ブーシェの『オダリスク』のモデル

ブーシェに『ヴィーナスの勝利』を注文したスウェーデンの伯爵

『ディアナの水浴』( Diane sortant du bain ) 1742年

シュリー翼919展示室Diane sortant du bain. , INV 2712 ; MN 66

『ディアナの水浴』( Diane sortant du bain ) 57 cm×73 cm 1742年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『ディアナの水浴』 1742年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『ディアナの水浴』

女神ディアナが狩りを終えて水浴する場面。

関連記事森の中で休憩中『ディアナの水浴』(ブーシェ作)

シュリー翼921展示室

『昼食(朝食)』( Le Dejeuner ) 1739年

シュリー翼921展示室Le déjeuner. , RF 926

『昼食(朝食)』( Le Dejeuner ) 高さ 0.815 m 幅 0.655 m 1739年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『昼食(朝食)』( Le Dejeuner ) 1739年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵

引用元:『昼食(朝食)』

ブーシェの家族を描いたものとも言われています。

関連記事家族の食事風景・フランソワ・ブーシェの『昼食(朝食)』( Le Dejeuner )

『褐色のオダリスク』( L’Odalisque Brune ) 1745年

シュリー翼921展示室L’Odalisque , RF 2140

『褐色のオダリスク』( L’Odalisque Brune ) 1745年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『褐色のオダリスク』 1745年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『褐色のオダリスク』

後宮のオダリスクを描いた作品。豊かなお尻が印象に残ります。

モデルはブーシェ夫人、ポンパドゥール夫人など諸説あり。

関連記事フランソワ・ブーシェの『オダリスク』のモデル

※レプリカの『オダリスク』( Odalisque , MNR 61 ; D 951 1)はランス美術館に寄託

『三美神』( Les trois Grâces supportant l’ Amour ) 1765年

シュリー翼921展示室Les trois Grâces supportant l’ Amour. , MI 1023

『三美神』( Les trois Grâces supportant l’ Amour ) 1765年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『三美神』 1765年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『三美神』

シュリー翼921展示室

シャルダン、ウードリーなど921展示室の作品を掲載

シュリー翼927展示室

『羊飼いの贈り物、または巣』( Les présents du berger ou Le nid ) 1740年頃

シュリー翼927展示室Les présents du berger ou Le nid. , INV 2725 ; MR 1210

『羊飼いの贈り物、または巣』( Les présents du berger ou Le nid ) 高さ 0.98 m 幅 1.46 m 1740年頃 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『羊飼いの贈り物、または巣』 1740年頃 フランソワ・ブーシェ

引用元:『羊飼いの贈り物、または巣』 User:Jean-Pol GRANDMONT (2013)

元はルイ15世のコレクション。

「おそらく INV 2726 と対」とのことです。

『田園生活の魅力』 1735年から1740年の間

Charmes de la vie champêtre. , INV 2726 ; MR 1211

※現在展示されていません(2024年7月)

『田園生活の魅力』 1735年から1740年の間 フランソワ・ブーシェ
『田園生活の魅力』 1735年から1740年の間 フランソワ・ブーシェ

引用元:『田園生活の魅力』

 本作品とその対作品は以前からフォンテーヌブロー城のために制作された信じられてきたが、依然として制作年は確定せず、いつの時点でルイ15世のコレクションに加わったかということについては明言できない。しかし、18世紀の財産目録の中に、本作を指していると思われる個所があるため、おそらくそれ以前からヴェルサイユ宮殿に所蔵されていたはずである。

横浜美術館、日本経済新聞社(編). 『ルーヴル美術館200年展』 p.54.

のどかで平和な田園風景。上等な衣装を着けた人々が繰り広げる恋愛遊戯です。

『ウルカヌスの鍛冶場』( Les Forges de Vulcain ) 1747年

シュリー翼927展示室Les Forges de Vulcain , MI1022

『ウルカヌスの鍛冶場』( Les Forges de Vulcain ) 高さ0.945 m 幅 1.27 m 1747年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『ウルカヌスの鍛冶場』 1747年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『ウルカヌスの鍛冶場』

武器製造に長けた火の神ウルカヌス(ギリシャ名はヘファイストス)は、ウェヌス(ヴィーナス)の夫。

ルーヴル美術館の解説欄によると、この作品は1747年のサロンで展示され、マルリー城のルイ15世の寝室に飾られたということです。

『エウロペの誘拐』( L’enlèvement d’Europe ) 1747年

シュリー翼927展示室L’enlèvement d’Europe , INV 2714 ; MR 1214

『エウロペの誘拐』( L'enlèvement d'Europe ) 高さ 1.605m 幅 1.935m 1747年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『エウロペの誘拐』 1747年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『エウロペの誘拐』

こちらもルイ15世のコレクション。

白い牡牛に変身して近付いたゼウスに、王女エウロペが誘拐される場面。

『アイネイアスのために造った武器をウェヌスへ贈るウルカヌス』( Les forges de Vulcain ou Vulcain présentant à Vénus des armes pour Énée ) 1757年

シュリー翼927展示室Les forges de Vulcain ou Vulcain présentant à Vénus des armes pour Énée. , INV 2707 bis

『アイネイアスのために造った武器をウェヌスへ贈るウルカヌス』( Les forges de Vulcain ou Vulcain présentant à Vénus des armes pour Énée ) 1757年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『アイネイアスのために造った武器をウェヌスへ贈るウルカヌス』 1757年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『アイネイアスのために造った武器をウェヌスへ贈るウルカヌス』

ルイ15世のコレクション。

Les forges de Vulcain は『ウルカヌスの鍛冶場』で、この作品以外にも同じ題が付けられています。

ブーシェはゴブラン製作所の所長も務め、タペストリー(タピスリー)のための下絵も描いています。

本作はゴブラン製作所で織られたタペストリーの連作「神々の愛」のモデルとして用いられた原画の一つ。

次に挙げる『愛の的』も同様で、ルーヴル美術館による『アイネイアスのために造った武器をウェヌスへ贈るウルカヌス』の解説欄に「 La Cible d’amours、INV. 2715 )」の名が見えます。

『愛の的』( La Cible d’Amour ) 1758年

シュリー翼927展示室La Cible d’Amour , INV 2715 ; MR 1219

『愛の的』( La Cible d'Amour ) 1758年 高さ 2.68m 幅: 1.67m フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『愛の的』 1758年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『愛の的』

こちらもルイ15世のコレクション。タペストリー『神々の愛』のための原画。

関連記事フランソワ・ブーシェによるタペストリーの下絵『ウェルトゥムヌスとポモナ』

『ウェルトゥムヌスとポモナ』( Vertumne et Pomone ) 1763年

シュリー翼927展示室Vertumne et Pomone. , INV 2710 bis ; B 424

『ウェルトゥムヌスとポーモーナ』( Vertumne et Pomone ) 1763年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『ウェルトゥムヌスとポモナ』 1763年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『ウェルトゥムヌスとポモナ』

結婚に関心を示さない果実のニンフ・ポモナに、結婚の美徳を説く豊穣神ウェルトゥムヌス。

豊穣神は老婆に化けてポモナに近付きます。

ゴブラン織のタペストリーの下絵として描かれた絵。

関連記事フランソワ・ブーシェによるタペストリーの下絵『ウェルトゥムヌスとポモナ』

『ケファルスとオーロラ』( Céphale et l’Aurore ) 1764年

シュリー翼927展示室Céphale et l’Aurore. , INV 2710 ; B 428

『ケファルスとオーロラ』( Céphale et l'Aurore ) 高さ 1.42 m 幅 1.175 m 1764年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『ケファルスとオーロラ』 1764年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『ケファルスとオーロラ』 Sailko CC-BY-3.0

『森』( La Forêt ) 1740年

シュリー翼927展示室La Forêt , MNR 894

『森』( La Forêt ) 高さ 1.31 m 幅 1.63 m 1740年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『森』 1740年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『森』

1740年のサロンに出品。

『水車小屋』( Le Moulin ) 1751年

シュリー翼927展示室Le Moulin , RF 1962

『水車小屋』( Le Moulin ) 高さ 0.66 m 幅 0.845 m 1751年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『水車小屋』 1751年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『水車小屋』

パリのオテル・ド・ロアンにあるスービーズ枢機卿の寝室のために、『橋』とともに描かれました。

『橋』( Le Pont ) 1751年

シュリー翼927展示室Le Pont , RF 1963

『橋』( Le Pont ) 高さ 0.66 m 幅 0.845 m 1751年 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『橋』 1751年 フランソワ・ブーシェ

引用元:『橋』

『水車小屋』とともにオテル・ド・ロアンにあるスービーズ枢機卿の寝室のために描かれた作品。

『マフを持つ若い女性』( Jeune femme au manchon. ) 1725年から1750年の間

Jeune femme au manchon , MI 1026

※現在展示されていません(2024年7月)

『マフを持つ若い女性』 1725年から1750年の間 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『マフを持つ若い女性』 1725年から1750年の間 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵

引用元:『マフを持つ若い女性』

『エリエゼルの手からアブラハムの贈り物を受け取るリベカ』( Rébecca recevant des mains d’Eliézer les présents d’Abraham ) 1725年から1750年の間 

Rébecca recevant des mains d’Eliézer les présents d’Abraham. , RF 1977 15

※現在展示されていません(2024年7月)

『エリエゼルの手からアブラハムの贈り物を受け取るリベカ』 1725年から1750年の間 フランソワ・ブーシェ ルーヴル美術館蔵
『エリエゼルの手からアブラハムの贈り物を受け取るリベカ』 1725年から1750年の間 フランソワ・ブーシェ

引用元:『エリエゼルの手からアブラハムの贈り物を受け取るリベカ』 Sailko CC-BY-3.0

画家フランソワ・ブーシェ( François Boucher, 1703年9月29日 – 1770年5月30日)

Portrait de François Boucher (1703-1770). ), INV 30868(グラフィック・アーツ相談室で予約して閲覧可)

フランソワ・ブーシェ(1703年9月29日-1770年5月30日)の肖像 1741年 グスタフ・ルンドベリ ルーヴル美術館蔵
フランソワ・ブーシェ(1703年9月29日 – 1770年5月30日)の肖像 1741年 グスタフ・ルンドベリ

引用元:フランソワ・ブーシェの肖像

父は布地装飾家の父ニコラ・ブーシェ(1672年 – 1743年)。

父二コラ、画家フランソワ・ルモワーヌのもとで絵画を学びます。

ローマ賞を受賞し、イタリア留学の資格を得ますが、経済的な支援を受けられなかったため、自費で留学をします。

帰国後『リナルドとアルミーダ』で王立絵画彫刻アカデミー会員になり、モデルを務めたマリー・ジャンヌと結婚しました。

後にポンパドゥール侯爵夫人となるジャンヌ=アントワネット・ポワソンとは、1741年頃顔を合わせているようです。

ポンパドゥール夫人に気に入られたブーシェは、夫人に絵を教え、夫人のコレクションに助言を行いました。

精力的に働いたブーシェはとても多くの作品を残しています。

大作の絵画だけでなく、タペストリーやセーヴル磁器の下絵、当時のオペラ座の舞台装置も手掛けました。

作品が貸し出し中、修復中などで展示されていない場合もあります。美術館のサイトをご確認ください。

ルーヴル美術館のブーシェ関連のページです。他の美術館で展示されているものも出てきます。

ルーヴル美術館公式サイト

『ポモナ』( Pomone ) , 18204 LR

フランソワ・ブーシェ画、1726年-1735年頃。元はロスチャイルド家の所有。

グラフィック・アーツ相談室で予約して閲覧可

ルーヴル美術館公式サイト

『ネプチューンとアミューモーネー』( Neptune et Amymone ) , INV 24752

ブーシェによる王立ゴブラン製作所のタペストリー「神々の愛」の下絵。

本作品は予約して閲覧可。

ルーヴル美術館公式サイト

『中国のタペストリー:お茶』( Le thé, de la Tenture Chinoise ) , OAR 19

オービュッソンのタペストリー( Tapisserie d’Aubusson )、ブーシェによる下絵

ルーヴル美術館公式サイト

セーヴル磁器の花瓶( Vase” hollandais” décoré de quatre paysages ) , OA9995

展示場所:シュリー翼、619展示室

1758年制作のセーヴル磁器の花瓶。ブーシェの下絵。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次