優雅な屋外の食事風景『狩の食事』(ド・トロワ作)解説

  • URLをコピーしました!

優雅な衣装を身に着けた貴族男女の絵で知られるジャン=フランソワ・ド・トロワ。フォンテーヌブロー宮の、ルイ15世の食堂を飾った『狩の食事』をどうぞ。

『狩の食事』( Le Repas de Chasse’ aussi dit ‘Le déjeuner de Chasse ) 1737年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ルーヴル美術館蔵
『狩の食事』( Le Repas de Chasse’ aussi dit ‘Le déjeuner de Chasse ) 1737年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ルーヴル美術館蔵

画像の上でクリックまたはタップすると大きい画像が出ます。また、画像の左下にある「引用元」のリンクをクリックしていただければ、元のファイルをご覧になることができます。「引用元」の表示が無いものは、この記事内に掲載したpublic domain の元ファイルから、解説のために必要な部分を拡大したものです。

目次

『狩の食事』( Un Déjeuner de chasse ) 1737年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ

『狩の食事』( Le Repas de Chasse’ aussi dit ‘Le déjeuner de Chasse ) 1737年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ルーヴル美術館蔵
『狩の食事』 240cm×170cm 1737年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ルーヴル美術館蔵

引用元:『狩の食事』

ルーヴル美術館公式サイト(お出掛け前には最新状況をご確認ください)

『狩の食事』( Un Déjeuner de chasse )/ 展示場所:シュリー翼、919展示室

画面の中にはひとがいっぱい。

美しいドレス、美しい刺繍の施された上着、賑やかに談笑する人・それを眺める人、給仕する人・される人、奥には馬車や馬…。

貴族の楽しみである狩りの間のひとコマです。

『狩の食事』( Le Repas de Chasse’ aussi dit ‘Le déjeuner de Chasse ) 1737年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ルーヴル美術館蔵
『狩の食事』 ジャン=フランソワ・ド・トロワ

赤い上着の男性が料理を切り分け、中央では皿が手渡されています。

右手前の男女はグラスを手に、何やら会話していますね。

ちょっと拡大してみましょう。

『狩の食事』 240cm×170cm 1737年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ルーヴル美術館蔵
『狩の食事』 ジャン=フランソワ・ド・トロワ

くだけた雰囲気ですね。何を食べているか気になります。

『狩の食事』 ジャン=フランソワ・ド・トロワ
『狩の食事』 ジャン=フランソワ・ド・トロワ

引用元:『狩の食事』 Sailko CC-BY-3.0

テーブルの下から「ぬっ」。

『狩の食事』 ジャン=フランソワ・ド・トロワ
『狩の食事』 ジャン=フランソワ・ド・トロワ

引用元:『狩の食事』 Sailko CC-BY-3.0

貴婦人の足元でガジガジしている犬。

『狩の食事』 ジャン=フランソワ・ド・トロワ
『狩の食事』 ジャン=フランソワ・ド・トロワ

こちらは給仕人たち。服装が貴族たちに比べてシンプルですね。

貴族男性は金糸の刺繍がある上着にヴェスト、大きく折り返されて刺繍を見せている袖、後ろで束ねた髪を袋に入れるというヘアスタイルです。

下にメトロポリタン美術館所蔵のバッグウィッグを掲載しましたが、この絵の男性たちのリボンは画像のものより大き目です。

バッグウィッグの例(フランス製男性用かつら) 1780年-1800年 メトロポリタン美術館蔵
バッグウィッグの例(フランス製男性用かつら) 1780年-1800年 メトロポリタン美術館蔵

引用元:バッグウィッグ

メトロポリタン美術館の解説はこちらです。

『美食の歴史』

『狩の食事』が掲載されています。

このシリーズ、レイアウトがあまり好みではなく、掲載されている各作品についての解説は多くありません。

しかしほとんどの作品はカラーで掲載されています。

また、こういったジャンルの書籍は大抵ぶ厚く大きいものですが、本書は気軽に手に取りやすい厚さ。

食の歴史、美食の歴史をざっくり知るには良いのではないかと。

ルイ15世の食堂を飾るために制作

『狩の食事』の来歴

ド・トロワの『狩の食事』は、フォンテーヌブロー宮の、国王の居室の食堂を飾るために制作されました。

対となる ” Le Cerf aux abois “(湾にいる鹿)という作品がありましたが、”Le Cerf aux abois” の方は失われたようです。(参考:Wikipedia

本作は1748年に新しい食堂に設置し直された後、1785年にその場所から移動。

しばらく所在が不明だったようですが、クリスティーズなど様々な手を経て、1990年ロートシルト家の相続税支払いのためにルーヴル美術館に寄贈されました。

『狩の食事』の準備スケッチ( Déjeuner près d’une ferme (Breakfast by a Farm) 1737年)

『 Breakfast by a Farm 』 54.7cm×44.8cm 1737年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ウォレス・コレクション蔵
『 Breakfast by a Farm 』 54.7cm×44.8cm 1737年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ウォレス・コレクション蔵

引用元:『 Breakfast by a Farm 』

直訳で『農場(の近く)での食事』で良いのでしょうか、ウォレス・コレクションのタイトルは『 Déjeuner près d’une ferme 』となっています。

賑やかな『狩の食事』と違って人が少ないですね。

『狩の食事』(額装) ジャン=フランソワ・ド・トロワ

『狩の食事』(額装) ジャン=フランソワ・ド・トロワ
『狩の食事』(額装) ジャン=フランソワ・ド・トロワ

引用元:『狩の食事』(額装) Sailko CC-BY-3.0

ルイ15世の肖像( Portrait de Louis XV (1710-1774); roi de France. ) 1748年 モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール ルーヴル美術館蔵

ルイ15世(1710年-1774年)の肖像 60cm×54cm 1748年 モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール ルーヴル美術館蔵
ルイ15世(1710年-1774年)の肖像 60cm×54cm 1748年 モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール ルーヴル美術館蔵

引用元:ルイ15世の肖像

ルーヴル美術館公式サイト(お出掛け前には最新状況をご確認ください)

『ルイ15世の肖像』( Portrait de Louis XV (1710-1774); roi de France. )/ グラフィック・アーツ相談室で予約して閲覧可

『狩猟の合間の昼食』( Halte de chasse ) 1737年 シャルル=アンドレ・ヴァン・ロー ルーヴル美術館蔵

『狩猟の合間の昼食』( Halte de chasse ) 1737年 シャルル=アンドレ・ヴァン・ロー ルーヴル美術館蔵
『狩猟の合間の昼食』 220cm×250cm 1737年 シャルル=アンドレ・ヴァン・ロー ルーヴル美術館蔵

引用元:『狩猟の合間の昼食』

ルーヴル美術館公式サイト(お出掛け前には最新状況をご確認ください)

『狩猟の合間の昼食』( Halte de chasse )/ 展示場所:シュリー翼、919展示室

同じ主題で、やはりフォンテーヌブロー宮の食堂のために描かれた『狩猟の合間の昼食』。

ド・トロワの作品は、宮廷内からそのまま運ばれたような食卓や椅子、食器、テーブルクロスの宴席風景ですが、ヴァン・ローの絵では地面に布を敷いた「ピクニック」風景ですね。

料理が豪華です。(すぐ食べものに目が行きます)

これらの絵画は「雅宴画」と呼ばれます。みやびですよね。

当時の貴族の姿をありのまま表したというより、「こうありたい」という理想の風景を描いたものです。

多くの場合、場所も人物も特定のものではありません。

フォンテーヌブロー宮のために描かれたふたつの作品は、今またルーヴル美術館の同じ展示室に展示されています。(2022年現在)

『牡蠣の昼食』( Le Déjeuner d’huîtres ) 1735年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ コンデ美術館蔵

『牡蠣の昼食』( Le Déjeuner d’huîtres ) 1735年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ コンデ美術館蔵
『牡蠣の昼食』 1735年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ コンデ美術館蔵

引用元:『牡蠣の昼食』

この作品もルイ15世の注文を受けて描かれました。

かつてはヴェルサイユ宮殿の、小アパルトマンの食堂に飾られていました。現在はコンデ美術館に在ります。

牡蠣を食べながら談笑する貴族たち。

そのうち数人の視線が空中の一点に集中しています。

そこには飛ばされたコルク栓が…。

『牡蠣の昼食』スケッチ( Le Déjeuner d’huîtres. Esquisse. ) 1735年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ルーヴル美術館蔵

※使用できる画像が無かったため、ルーヴル美術館のサイトのリンクを置きました。

ルーヴル美術館公式サイト(お出掛け前には最新状況をご確認ください)

ジャン=フランソワ・ド・トロワ( Jean François de Troy, 1679年1月27日-1752年1月26日)

自画像 1734年または1745年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ヴェルサイユ宮殿
自画像 1734年または1745年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ヴェルサイユ宮殿

引用元:自画像

フランス、パリ生まれ。ヴェルサイユ宮殿やフォンテーヌブロー宮殿の装飾を手がけました。

イタリア、ローマに滞在し、現地のフランス・アカデミーの校長を務めました。

ド・トロワの絵画

上の絵はドイツ、下の絵は英国に在ります。

『愛の告白』( Die Liebeserklärung ) 1731年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ シャルロッテンブルク宮殿、ベルリン

『愛の告白』( Die Liebeserklärung ) 1731年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ シャルロッテンブルク宮殿、ベルリン
『愛の告白』 1731年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ シャルロッテンブルク宮殿、ベルリン

引用元:『愛の告白』

『警告(忠実な家政婦)』( The Alarm, or the Gouvernante Fidèle ) 1723年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ヴィクトリア&アルバート美術館蔵

『警告(忠実な家政婦)』(  The Alarm, or the Gouvernante Fidèle  ) 1723年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ヴィクトリア&アルバート美術館蔵
『警告(忠実な家政婦)』 1723年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ヴィクトリア&アルバート美術館蔵

引用元:『警告(忠実な家政婦)』

優雅で美しい衣裳に身を包んだ男女の絵。

どちらもその先の展開を見てみたくなりますよね。

ルーヴル美術館には、『エステル記』のヒロインであるエステルを題材にしたド・トロワの絵画が収蔵されています。

『エステルの失神』( L’Evanouissement d’Esther ) 1737年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ルーヴル美術館蔵

『エステルの失神』( L'Evanouissement d'Esther ) 1737年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ルーヴル美術館蔵
『エステルの失神』 1737年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ルーヴル美術館蔵

引用元:『エステルの失神』

ルーヴル美術館公式サイト(お出掛け前には最新状況をご確認ください)

『エステルとアハシュロスの宴』( Le repas d’Esther et d’Assuérus ) 1739年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ルーヴル美術館蔵

『エステルとアハシュロスの宴』( Le repas d'Esther et d'Assuérus ) 1739年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ルーヴル美術館蔵
『エステルとアハシュロスの宴』 1739年 ジャン=フランソワ・ド・トロワ ルーヴル美術館蔵

引用元:『エステルとアハシュロスの宴』 Image d’art CC-BY-SA-4.0

ルーヴル美術館公式サイト(お出掛け前には最新状況をご確認ください)
主な参考文献
  • 宮下規久朗(著).2007.『食べる西洋美術史 「最後の晩餐」から読む』.光文社新書.
  • アントニー・ローリー(著). 池上俊一(監修). 2007-6-10. 『美食の歴史』. 創元社.
よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次